2016年ドラフト会議~東京ヤクルトスワローズ指名選手

高校生BIG3のひとり、寺島成輝投手(横浜高校)をドラフト1位で指名。

今年のドラフトでは、投手中心の指名になりました。

7名指名(育成一人)で5人が投手です。残り二人は捕手の指名となったヤクルトスワローズのドラフト。

投手は即戦力に期待がかかります。

ヤクルト2016年ドラフト

東京ヤクルトスワローズ指名選手。

指名順位 ポジション ヤクルト ふりがな 所属
1位 投手 寺島成輝 てらしま・なるき (履正社) 左投げ 左打ち
2位 投手 星知弥 ほし・ともや (明治大) 右投げ 右打ち
3位 投手 梅野雄吾 うめの・ゆうご (九産大九産) 右投げ 右打ち
4位 投手 中尾輝 なかお・ひかる (名古屋経済大) 左投げ 左打ち
5位 捕手 古賀優大 こが・ゆうだい (明徳義塾) 右投げ 右打ち
6位 投手 菊沢竜佑 きくさわ・りゅうすけ (相双リテック) 右投げ 右打ち
育成1位 捕手 大村孟 おおむら・はじめ (石川ミリオンスターズ) 右投げ 左打ち

※太字は高校生。

ドラフト1位の寺島成輝投手は、競合なしの単独指名ができました。

今年の高校生左腕のNO.1投手と言われている選手を指名できたことは、

本当に良かったと思います。

正直、複数球団が競合するかもしれないと思っていました。

指名選手の内訳は、

高校生が3人、

大学生が2人、

社会人が1人、

独立リーグが1人。

それでは、順番に指名選手の紹介をしていきます。

1位 寺島成輝投手(履正社高校)

繰り返しになりますが、高校生NO.1の左腕投手。

大阪の履正社高校の所属です。

履正社高校といえば、ヤクルトの主砲で2年連続のトリプルスリーを達成した

山田哲人選手の出身校になります。

憧れの先輩の所属球団からの指名で寺島投手は相当喜んだに違いありません。

ヤクルトの今回の1位指名予想は、即戦力投手ではないかと言われていました。

高校生の寺島投手は、即戦力としての評価も高く、来シーズンの開幕1軍も期待

されています。

実際は、1月の自主トレを見てから1軍キャンプに帯同するかどうか決めるとの

ことですが、ファンとしても寺島投手の1軍デビューを早く見たと思っているで

しょう。

トリプルスリーの山田哲人選手との対戦が出来ないのは、ちょっぴり残念ですね。

2位 星 知弥投手(明治大学)

明治大学の星 知弥投手は1位指名でおかしくない投手。

この星投手は2位で指名できたことはヤクルトにとっては大きな収穫でしょう。

星投手には即戦力として期待に加え、先発ローテーション入りも期待されています。

MAX156㎞のストレートにツーシームを織り交ぜた投球が魅力の投手です。

その他カーブ・スライダー・フォークと多彩な変化球を持っています。

無限の可能性を秘めた、本格派の右腕としての評価は、

ヤクルトにとって先発でも中継ぎでもどちらの起用法に対応できる能力のある投手です。

星投手は日本ハムの大谷翔平投手と同世代の投手。

その大谷投手に追いつき追い越せるようにと抱負を語っています。

球速もMAX160㎞を目標にしたいそうです。

また、明治大学のチームメートの柳裕也投手は中日入りの予定です。

ライバルとの対戦も楽しみな一つになりそうですね。

3位 梅野雄吾投手(九産大九産高校)

九州産業大学九州産業高校の梅野雄吾投手もまた即戦力として期待されている

投手です。

最近の高校生投手は、実力も高く、プロ野球でも通用するレベルになっている

ようです。

MAX154㎞のストレートを持っています。

すでに仮契約もすんでいます。

契約金・・5000万円

年俸 ・・ 580万円

※金額は推定。

プロ野球に入って目標としている投手は、

侍ジャパンにも選出されている広島東洋カープの大瀬良大地投手だそうです。

最初は、先発というより中継ぎでも起用してもらいたいとのやる気が伺えますね。

しっかりとした目標を持っているという印象を感じさせる選手です。

早く1軍に上がって活躍する姿を見たいと思わせる投手ですね。

4位 中尾輝投手(名古屋経済大学)

中尾輝投手の所属する名古屋経済大学は2部リーグのチームです。

2部リーグは1部リーグに比べてあまり目立つことがありません。

しかし、そんな状況の中でも中尾投手は自分のできることをやってアピール

してきました。

大学入学当初、選手として無名に近いところから、

ドラフト注目選手として12球団からの調査書が届いたということからも、

大学で大きく成長したことでしょう。

実際、入学当初の体重が60kgそこそこだったのが、83kgとカラダも

大きく成長しています。

MAX151㎞というストレートの注目左腕投手です。

中尾投手は表情がとてもいいですね。

5位 古賀優大選手(明徳義塾高校)

捕手として活躍してきた古賀優大選手は、将来の扇の要としての期待が持てる選手です。

肩の強さには定評があり、2塁送球1.83秒という速さがあり、またコントロールも

安定しています。

出身は福岡県柳川市。大相撲の琴奨菊関が同郷の先輩で小学校が同じということもあり、

ドラフト指名後、祝福のメッセージが届いたそうです。

なんとも心強い先輩がいるのですね。

どっしりとした印象が伺えます。

侍ジャパンに選出されることが目標でもあるそうです。

古賀選手は打撃面でも期待できるので、

プロ入り後はしっかりと成長していってくれることを期待しています。

6位 菊沢竜佑投手(相双リテック)

相双リテックは、軟式野球チームです。

異色といえば異色になる指名です。

もともとは東京六大学野球の立教大学で活躍していた選手ですが、

ケガを負い、野球をあきらめかけていたのでした。

その後、会社員となったが夢をあきらめられず、

プロ野球選手になるための挑戦をし続けてきたそうです。

アメリカまで渡り、独立リーグでプレーしたあと、

相双リテックに入部、軟式野球であっても理想を高くもって野球に取り組んで

いたようです。

ついには夢が叶ったのですね。

でもここからが菊沢投手のスタートになります。

1軍での活躍を早く見せてほしいです。

育成1位 大村 孟選手(石川ミリオンスターズ)

169cmという小柄な捕手というのが第一印象です。

素質は充分な選手です。

小柄な捕手でも活躍しているという姿がイメージできる選手です。

来シーズン途中の支配下登録を期待しています。

それぞれの選手の今後の活躍を期待しております。

ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA