2016年ドラフト会議~千葉ロッテマリーンズ指名選手

千葉ロッテマリーンズ指名選手

指名順位 ポジション ロッテ ふりがな 所 属
1位 投手 佐々木千隼 ささき・ちはや (桜美林) 右投げ 右打ち
2位 投手 酒居知史 さかい・ともひと (大阪ガス) 右投げ 右打ち
3位 投手 島孝明 しま・たかあき (東海大市原望洋) 右投げ 右打ち
4位 投手 土肥星也 どひ・せいや (大阪ガス) 左投げ 左打ち
5位 投手 有吉優樹 ありよし・ゆうき (九州三菱自動車) 左投げ 左打ち
6位 投手 種市篤暉 たねいち・あつき (八戸工大一高) 右投げ 右打ち
7位 捕手 宗接唯人 むねつぐ・ゆいと (亜細亜大) 右投げ 右打ち
育成1位 投手 安江嘉純 やすえ・よしずみ (石川ミリオンスターズ) 右投げ 右打ち
育成2位 外野手 菅原祥太 すがわら・しょうた (日本ウェルネススポーツ大) 左投げ 左打ち

※太字は高校生です。

2016年ドラフト千葉ロッテ

ロッテ1位指名は、佐々木千隼投手(桜美林大)を5球団競合による抽選によるくじ引きで、

山室球団社長が見事当たりくじを引き当てました。

大学ビッグ3と高評価されていた佐々木千隼選手ですが、

競合覚悟で指名しました。

おめでとうございます!

また、2位指名には酒居知史投手(大阪ガス)とこちらも社会人NO,1争う高評価の投手です。

来シーズン1軍で活躍が期待されていますので、

ロッテの優勝争いにきっと貢献してくれるに違いありません。

今回のドラフトで指名した選手は、

育成ドラフトも含めて9人です。

高校生 2人、

大学生 3人、

社会人 3人、

独立リーグ1人。

投手7人、野手2人という内容でした。

即戦力投手を中心だった交渉権の獲得は、

希望通りだったようです。

1位 佐々木千隼投手(桜美林大)

佐々木千隼投手は都立高校出身です。

今回の1位指名は、都立高校出身の選手が初めて1位指名を受けたことになりました。

都立高校の星とも評される佐々木千隼投手の活躍は大いに期待されています。

スリークオーターからのMAX153㎞のストレートはとても威力がありますね。

首都大学リーグでの初優勝に貢献、ロッテでも必ず優勝に貢献してくれるに違いありません。

端正なマスクを持つ佐々木投手はプロ野球で人気が出てくることでしょう。

2位 酒居知史投手(大阪ガス)

ロッテは、今回のドラフトで大阪ガス所属の選手を2人指名しました。

2位酒居知史投手・4位土肥星也投手です。

大阪ガスでは主力投手2人が抜けてしまってチーム編成が大変だと思います。

酒居投手は球のキレがよく、緩急をつけた変化球が持ち味の投手です。

今シーズンで引退が決まっている広島・黒田投手や横浜・三浦投手のような投球術を参考

にしているそうです。

この2人の素晴らしい投手を目指して、まずは開幕1軍を目標だと力強い抱負を語っています。

2017年のシーズン開幕が楽しみでしかたないことでしょう。

3位 島孝明投手(東海大市原望洋高)

ロッテの地元選手。高校生でMAX153㎞のストレートを投げる右腕に地元ファンも大きく

期待を寄せていることでしょう。

ロッテには地元千葉県出身の選手が多数活躍しています。

地元の星としての活躍ができる投手になることでしょう。

ロッテが指名した高校生は2人ですが、島投手はそのうちの1人です。

どんな投手に成長するのか今から楽しみです。

4位 土肥星也投手(大阪ガス)

先輩、酒居知史投手とともにプロ野球で切磋琢磨してロッテで更なる成長が期待される選手

です。その酒居投手をプロでは追い抜く結果を出したいとライバル心を出しています。

土肥選手は背が高く体格の良い左腕です。

この体格を活かした投球で早く1軍で活躍してほしいです。

5位 有吉優樹投手(九州三菱自動車)

有吉優樹投手もまた千葉県出身の投手です。

ロッテ山室球団社長も地元の選手に目を向けているそうです。

その有吉投手が九州から戻ってくるのです。

有吉投手にとっても地元で活躍できることは何よりも心強いことでしょう。

胸元をつくストレートをロッテファンも心待ちにしていると思います。

6位 種市篤暉投手(八戸工大一高)

高校生のドラフト指名2人目は種市篤暉投手です。

今回のドラフトで青森県の高校生は4名指名されましたが、

青森県出身は種市投手だけです。

青森魂でプロ野球での今後の成長と活躍が大きく期待されている投手です。

7位 宗接唯人選手(亜細亜大学)

今回ロッテが通常のドラフトで指名した唯一の野手が宗接唯人選手です。

亜細亜大学では捕手として活躍が期待されています。

この宗接選手の「宗接」という姓に注目が集まっています。

珍しい苗字だなと思いましたが、全国に約20世帯で100人くらいだそうです。

そんなに少ないんだという印象です。

打って守って走れる捕手として、伊東監督のような捕手になれると期待がかかります。

育成1位 安江嘉純投手(石川ミリオンスターズ)

独立リーグからNPBへと舞台が移る安江嘉純投手は愛知県出身です。

プロ野球選手を目指して独立リーグでの活躍が目に留まり、

夢だったNPBの扉を見事に引き寄せました。

まずは支配下登録を目指して次なる舞台での活躍を期待しております。

育成2位 菅原祥太選手(日本ウェルネススポーツ大)

伊東監督が注目していた左打ちのバッター。

ソフトバンクの柳田選手を彷彿させるバッティングに大きく期待がかかります。

将来性豊かなその見事な体格もまた注目に値する選手です。

なんか大化けしそうな雰囲気を感じてしまいます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA