脇本直人選手(ロッテ)は祖父母が両親?2014年ドラフト指名選手。2016年の成績は?

脇本選手は、祖父母のことをパパ・ママと呼んでいます。

そのパパとママを甲子園に連れていき、プロ野球選手になって活躍して

恩返しをしたいと目標を立て、夢の扉を開きました。

脇本選手の両親は祖父母!?

脇本選手の両親は、彼が3歳の時に離婚しました。

その後、彼の祖父母が両親の替わりとなり、彼を育てたのです。

そんな祖父母のことを彼はパパとママと呼んでいるのです。

パパとママと呼ぶくらいですから、

本当に両親だと思って接してきたのでしょう。

兄弟も6人いて彼は5番目ということは、

寂しい気持ちにもならなかったかも知れませんね。

祖父母も孫だという意識ではなかったのでしょう。

きっと大切に育てられたのだろうということは、

彼が祖父母を思う気持ちから伝わってきます。

スポンサーリンク

脇本選手の2016年の2軍成績・契約更改情報

脇本選手は2016年11月25日に契約更改をしました。

現状維持年俸480万円(金額は推定)です。

高卒で入団して2年目のシーズンを終え、

まだ1軍登録はありません。

脇本選手の2軍成績

  • 試合数:84試合
  • 打 数:192打数
  • 安打数:47安打
  • 本塁打:1本
  • 三振数:49三振
  • 盗塁数:6個
  • 打点数:25打点
  • 打 率:.245

千葉ロッテマリーンズ公式サイトより引用

徐々に成績も上向いてきています。

脇本選手の自信の源は練習だそうです。

カラダを見るとホント鍛えているなという印象です。

ちょっと筋肉つけ過ぎのようにも見えます。

まさに上州のゴジラという呼び名が似合ってきました。

でもゴジラのような怖さはまったくなく、

普段の脇本選手は笑顔がとても似合う選手です。

1軍登録されるのも案外近いかも知れませんね。

まずは来春のキャンプを1軍でできるよう期待しています。

脇本直人選手のプロフィール

 

千葉ロッテマリーンズ公式サイトより引用

脇本直人(わきもとなおと)

  • 生年月日:1996年6月10日生まれ
  • 出身地:群馬県沼田市
  • 出身中学:沼田中学校(群馬県沼田市)
  • 身長:180cm
  • 体重:80kg
  • タイプ:右投げ・左打ち
  • 野球経歴:小学校3年生でスタートし、沼田中学校(軟式)、健大高崎高校(群馬県高崎市)、千葉ロッテマリーンズ2014年ドラフト7位指名

写真の顔だけ見ると、すでにメジャーリーガーのような雰囲気

醸し出しているように見えます。

自信に満ち溢れているのではと感じますが、実際はどうなのでしょうか?

脇本選手の幼馴染には、西武ライオンズで活躍する高橋光成投手がいます。

同じ沼田市出身で中学は別でしたが地元選抜チームで共にプレーしたチームメートです。

そのときには、脇本選手は投手として活躍していました。

幼馴染とともにプロ野球の舞台でしかも同じリーグなので、

これから対戦する機会も増えますね。

楽しみのひとつになります。

すでに高校野球の時に二人は対戦しています。

スポンサーリンク

脇本選手・健大高崎高校時代

脇本選手は、祖父母の元を離れ野球をするために寮生活

寂しい気持ちを抑えたかも知れませんね。

そんな脇本選手は、節目節目で祖父母に手紙を書いていたそうです。

「いつもありがとう」と

手紙に感謝をこめた脇本選手は本当に心の優しい人なんだと

感じます。

だから笑顔が素敵なんですね。

健大高崎では1年秋からベンチ入りとなります。

寮生活を過ごす脇本選手は練習を積み重ねていきます。

冬は1日2000スイングもの素振りをしていたそうです。

2000スイング!

野球漬けの生活が伺えます。

1000スイングでも凄いなと思うのに、

2000スイングとは驚異的な感じです。

その練習量だから握力90キロもあるのですね。

ホント野球が大好きなんだと思います。

甲子園への想いが伺い知れます。

群馬県代表として甲子園に出場するには、

高橋光成投手のいる前橋育英高校という壁がありました。

幼馴染と対戦して打ち勝たなければなりません。

3年夏の選手権群馬県大会では3回戦での対戦となりました。

脇本選手は高橋投手と対戦し、1打数1安打2打点とし、3四球3盗塁

と大活躍してチームの勝利に貢献しています。

機動力破壊を掲げて、走って走って走りまくりました。

6試合で11盗塁です。

そしてチームは群馬県大会で優勝して甲子園出場を決めたのです。

こうして祖父母との約束は果たされました。

そして甲子園大会でも脇本選手は4試合で6盗塁と走りました。

チームはベスト8という結果となりました。

この時の健大高崎は機動力を武器としたチームとし

とても印象に残ったチームでした。

脇本選手・2014年ドラフト会議

この年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから7位で指名されました。

群馬県では高橋光成投手(現西武)と幼馴染同士の指名ということで

とても注目されていました。

脇本選手の契約内容

  • 契約金:2000万円
  • 年 俸: 480万円
  • 背番号:62番

(金額は推定)

プロ野球に入って活躍して、

祖父母を楽にしてあげたいという目標を達成するためにも、

1軍での活躍が早く見たいですね。

脇本選手の仮想ヒーローインタビュー

脇本選手は髪型がいつも決まっていますが、

二番目のお兄さんが東京で美容師をしている関係で、

お兄さんにカットしてもらっているそうです。

普段から休みの日に食事をしながらいろんな話をしているようです。

兄弟本当に仲がいいんですね。

脇本直人選手の今後の活躍を期待しております。

脇本直人選手、背番号62番。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA