柿沼友哉選手(千葉ロッテ)は、育成ドラフトから支配下登録。侍ジャパンU-23選出されました。

2015年育成ドラフト2位指名されました。

しかし、7月29日に支配下登録され、背番号も122番から99番に変更となりました。

柿沼選手は、10月25日(火)にメキシコに向けて出発しました。

詳細はこのあとご案内しますね。

柿沼友哉選手(千葉ロッテ)

柿沼友哉選手のプロフィール

 柿沼友哉選手(千葉ロッテ)2

千葉ロッテマリーンズ公式サイトより引用

柿沼友哉(かきぬまともや)

  • 生年月日:1993年5月12日生まれ
  • 出身地:茨城県つくば市
  • 出身中学:手代木中学校(茨城県つくば市)
  • 身長:180cm
  • 体重:82kg
  • タイプ:右投げ・右打ち
  • 野球経歴:小学校4年生でスタート、松代ブルーサンダース(軟式)、つくばリトルシニア(硬式)、誠恵高校(静岡県沼津市)、日本大学国際関係学部(静岡県三島市)、千葉ロッテマリーンズ2015年育成ドラフト2位指名

出身地がつくば市ですが、高校から大学までの7年間は静岡県で野球をしています。

静岡県が好きなのでしょうか?きっと好きなんですね。

とりあえず出したプロ志望届け。

自分が指名されはずはないと思っていたからだそうです。

そんな柿沼選手に朗報が届いたのは、遠征先から三島に戻るバスの中だったそうです。

そのバスの中のことはきっと一生忘れられないでしょうね。

ドラフト会議がどんどん進行して言ってもバスの中ではライブ放送ではないので、

ドキドキはしても緊張はしていなかったかも知れませんね。

そんな時、チームメートからの朗報はどんなに嬉しかったことでしょう!

誠恵高校時代

誠恵高校では1年から正捕手として活躍します。

そのころから強肩捕手として注目を集めていました。

誠恵高校では3年夏の甲子園予選の静岡県大会で3回戦敗退に終わり、

柿沼選手の高校野球は終わりました。

将来はプロ野球選手になることを夢見て、

つくば市から沼津市への高校に進学したことが、

実はそのプロ野球の扉を開くきっかけになるとは

本人も思っていかったことでしょう。

誠恵高校にいたことで、

沼津市とは隣の三島市にある日本大学国際関係学部に進学します。

日本大学国際関係学部野球部時代

静岡学生野球リーグ所属しています。

柿沼選手にはなかなかチャンスが訪れませんでした。

捕手として活躍を期待されていましたが、正捕手争いすらできず、

外野手として頑張っていましたが、打率も伸びませんでした。

捕手としてチャンスが訪れたのは、4年生になってからです。

正捕手になってからは、打率も上昇して活躍しだします。

捕手で4番になりました。

自分が活躍できる場所は、外野手ではなく捕手なんだと。

長年、捕手としてプロを目指してきた柿沼選手には、

水を得た魚のような気持ちだったことでしょう。

しかし、夏場になって打撃が下降し始めてしまいます。

それでもここがプロ野球への最後のアピールと思い、

自慢の強肩を見てほしいとアピールします。

その気持ちが通じたのでしょうか?

東海大会に来ていた千葉ロッテの小野晋吾スカウト(現千葉ロッテ2軍投手コーチ)が、

柿沼選手の良さに注目したようです。

小野スカウトは柿沼選手のいる日大の対戦校のエースを見にきていたそうですが、

その試合で柿沼選手は盗塁を3連続阻止して、自慢の強肩をアピールした形になりました。

小野スカウトがここういう場面に遭遇することは偶然に起こったものではなく、

柿沼選手が日ごろから自分の舞台を準備していたから起こったのでしょう。

もちろん小野スカウトも柿沼選手をいろんな角度から見てきたとは思います。

強肩だけでなく、捕手として総合的に判断をしたそうですね。

その時は、小野スカウトは打撃にも注目はしていたのでしょうか?

小野スカウトの実家から車で10分程度にある大学から

選手を指名したことも何ともいえないご縁を感じてしまいます。

千葉ロッテマリーンズ入団

千葉ロッテには育成選手として入団します。

支度金300万円、年俸240万円が用意され、

背番号は122番です。

この背番号122番から最初の1を取り除くと22番になります。

22番は長年千葉ロッテの正捕手として活躍した里崎智也さんが付けていた背番号です。

いつかはこの背番号をつけるという目標を立てました。

チームも柿沼選手にこの122番を用意したのは、

ある意味期待を込めていると思います。

柿沼選手がすごいなと思うのは、

シーズン前半は育成選手ながらファームの試合で活躍して打率もなかなか良い感じです。

そして7月29日に支配下登録されました。

支配下登録

柿沼支配下登録

千葉ロッテマリーンズ公式サイトより引用

支配下登録された柿沼選手は背番号が122番から99番に変更になりました。

シーズンを通しての2軍での成績は、

2016年2軍の柿沼友哉選手の成績

  • 試合数:58試合
  • 打 数:129打数
  • 安打数:36安打
  • 本塁打: 0
  • 打 点:10打点
  • 打 率:.279

千葉ロッテ公式サイトより引用

本塁打こそありませんが、

今後が打撃面の向上が期待できる内容となりました。

そして柿沼選手が磨きをかける自慢の強肩が光ります。

侍ジャパンU-23選出

2016年10月28日(金)からモンテレイ(メキシコ)で行われる

第1回WBSC U-23ワールドカップに出場する侍ジャパンU-23に選出されました。

メキシコという高地で野球をするというのはどういう感覚なのでしょうか?

ボールもよく飛ぶことでしょう。

10月25日(火)にはメキシコへと出発しました。

柿沼選手にとって海外は初めてのことだそうです。

その初めての海外に日本代表としていくのはなんとも言えない気分でしょうね。

ワクワク感が野球なのか、それとも初めての海外なのか?

日の丸を背負っていくのですから、

強い気持ちで行ったことでしょう。

この第1回WBSC U-23ワールドカップの模様はJ-SPORTSで生放送の予定です。

侍ジャパンでの柿沼選手の活躍を期待します。

柿沼友哉選手の今後の活躍を期待しております。

柿沼友哉選手、背番号99番。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA