黒瀬健太選手(ソフトバンク)、ドラフト5位指名。高校通算ホームランがなんと・・。2016年の成績は?

高卒ルーキーの中でも大物バッターがプロ入りしました。

2015年ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスより5位指名。

まるで イ・デホ選手のようなスケールの大きい選手です。

もう和製イ・デホといった印象を受けることでしょう。

福岡ソフトバンクホークスは、高卒ルーキーをしっかりと育成する球団で有名です。

そういった意味では福岡ソフトバンクホークスに入団できてよかったじゃないかなと

感じています。

ソフトバンクに入団して打撃フォームを改善しています。

それによって、無駄な力が入らずバットが良く振れているそうです。

ホームラン高校通算97本の大型打者が今後どれだけ進化するか期待されます。

黒瀬健太選手

黒瀬健太選手のプロフィール

 黒瀬健太選手(ソフトバンク)

福岡ソフトバンクホークス公式サイトより引用

黒瀬健太(くろせけんた)

  • 生年月日:1997年8月12日生まれ
  • 出身地:大阪府泉南市
  • 出身中学:一丘中学校(大阪府泉南市)
  • 身長:181cm
  • 体重:100kg
  • タイプ:右投げ・右打ち
  • 野球経歴:新家小1年時にスタートして、新家スターズ(軟式)、貝塚ヤング(硬式)、初芝橋本高校(和歌山県橋本市)、福岡ソフトバンクホークス2015年ドラフト会議5位指名。

黒瀬健太選手はいつもニコニコしていて周りを明るく照らしているような選手です。

初芝橋本高校野球部時代に主将・捕手としてチームをまとめていたときに、暗い顔を

していたら周りに影響するし、笑っていれば苦しい練習なんかも楽しくなるからと。

そういう気持ちを持てるって素晴らしいなと感じますね。

みんな自分のことで精いっぱいのときに他者を思いやれるなんて、頼れる男です。

打撃面でもきっとここぞという時には頼れる男になることでしょう。

初芝橋本高校野球部時代

初芝橋本高校野球部時代は2年秋より主将を務めます。ポジションはキャッチャー。

守備の要でありチームの要でもあります。

残念ながら甲子園出場はなりませんでした。和歌山県大会でベスト4.

黒瀬選手は3年春に右肩を痛め送球が思うようにいかなかったツライ時期がありました。

夏には復活して高校生最後の夏の甲子園を目指しました。

しかし、田辺工業との3回戦0対2で敗れてしまいました。

2015年ドラフト会議

2015年のドラフト会議では、福岡ソフトバンクホークスから5位で指名されました。

この年の1位指名は、高橋純平投手です。

黒瀬選手は逸材には違いないのですが、指名漏れも危惧されていたのです。

それは、肩の故障です。

捕手として期待されていたのですが、肩を故障してしまうとやはり指名しようとしていた

球団もリスクは冒せませんよね。

黒瀬選手は打撃が魅力ですが、捕手としても2塁までの送球が1秒8という肩の強さも

魅力でした。

その肩の故障となると、

守れるところは内野か外野になってしまいます。

ところが黒瀬選手は足が遅いので内野に3塁または1塁ということになります。

しかし、ソフトバンクは下位で指名できたこを喜んでいます。

他の球団に上位で指名されてしまうことも想定していたかもしれません。

でも黒瀬選手との縁は、福岡ソフトバンクホークスが持っていたのでした。

もともとソフトバンクは黒瀬選手をしっかり育成して主力選手にしたいという意向が

ありますので捕手ではなく内野手として指名したのです。

黒瀬選手の打撃の魅力はフルスイングです。

三振を恐れずにフルスイングをするその姿は圧巻です。

日本ハムの中田翔選手

西武ライオンズの中村剛也選手

のようなホームランバッターになることを期待してしまいます。

実際、黒瀬選手のホームランはもの凄いです。

もの凄い勢いスタンドへと運ばれていくのです。

その打球の軌道も大物選手と比較しても謙遜ないものになっています。

まず、バッターボックスに立って構えるフォームがカッコいいです。

構えに入った際の左足が上がる角度が高く、オーラが出ていますね。

3軍で実践を積む

福岡ソフトバンクホークスは3軍制を敷いています。

3軍は四国アイランドリーグのチームや社会人野球チーム、韓国プロ野球チームなどが

対戦相手となって試合をしています。

3軍で実践が積めるのは、選手にとってはとても良い機会となり、

また練習の成果を確認できることになります。

黒瀬選手は、この3軍で実践を積んできました。

もし、3軍がなければファームの試合にもなかなか出場機会がありません。

黒瀬選手の3軍での成績

試合数:56試合

打席数:207

打 数:187

本塁打: 1本

打 点:25本

三振数:52

盗塁数: 2

打 率:.225

2016年10月1日現在(2軍の成績は含まれていません。)

福岡ソフトバンクホークス公式サイトより引用

となっています。

盗塁が2つあるのが凄いかもしれません。

三振数が多いのが気になります。

プロ野球の投手の変化球についていけてない印象が残ります。

しかし、高卒ルーキーのプロ1年目を2軍の主力選手に成長してきた

黒瀬選手の成長がとても楽しみで仕方がありません。

ファーム日本選手権

イースタン・リーグの覇者巨人とのファーム日本選手権では、

7番ファーストでスタメン出場しています。

巨人の今村投手からチーム初ヒットを右中間へ2塁打を打ち、

ソフトバンクの1点目のホームを踏んでいます。

成長著しいですね。

来シーズンへの期待がどんどん膨らんできます。

黒瀬選手の今後の活躍を期待しております。

黒瀬健太選手 背番号 61番。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA