石川直也投手(日本ハム)の2016年シーズンの成績は?山形中央高校出身。彼女はいるのか?facebookをチェック!

2016年北海道日本ハムファイターズ最終戦。

本日(9月30日)に1軍登録されてばかりの石川直也投手は8回表にプロ入り初登板!

プロデビュー戦を無失点で無難に終えました。

プロ入り2年目に初めて訪れたチャンスで見事な投球でした。

しかし、正直なんとか乗り切ったという感じです。

でもOKです。見事でした。

対戦相手のロッテの打線を相手にひるむことなく向かっていった証です。

まず先頭打者

6番ショート大嶺翔太選手をライトファールフライで1アウト。

7番ファースト根元俊一選手をスリーボールツーストライクからの

フォアボールでランナー1塁。

8番キャッチャー田村龍弘選手をツーツーからの高めに浮いたボール球を

打ってくれてレフトフライでツーアウトランナー1塁。

9番サード中村奨吾選手をセンターフライでスリーアウト。

最速147㎞のストレートを軸に3つのアウトはすべて外野フライでした。

デビュー戦で1回無失点です。

3対1でリードしている場面とはいえ、試合も終盤での登場は、

相当緊張したんだろうなと勝手に想像してしまいます。

でも本当良かったですね。

初登板おめでとうございます!

スポンサーリンク

石川直也投手のプロフィール

 石川直也投手(日本ハム)

北海道日本ハムファイターズ公式サイトより引用

石川直也(いしかわなおや)

  • 生年月日:1996年7月11日生まれ
  • 出身地:山形県東田川郡庄内町(旧 余目町)
  • 出身中学:余目中学校(庄内町)
  • 身長:191cm
  • 体重:82㎏
  • タイプ:右投げ:右打ち
  • 野球経歴:余目第二小学校3年で野球を始める。余目中(軟式)、山形中央高校、北海道日本ハムファイターズ2014年ドラフト4位指名。

2014年のドラフト会議で日本ハムは有原航平投手を1位指名した年です。

石川投手の大きな特徴は191cmという身長です。

背が高いのです。大谷翔平投手が193cmなのでどれくらい背が高いのか

イメージしやすいと思います。

ストレートのスピードも最速151㎞と言われていますが、

本人曰く、「150㎞中盤は投げらます。」とのことです。

来年以降が楽しみな投手が現れましたね。

しかもイケメンですから人気がでることは間違いありません。

スポンサーリンク

石川直也投手・山形中央高校野球部時代

余目中学時代に東北大会に出場という実績があります。

県内は元より他県の強豪校からも注目が集まっていた中で、

石川投手は、公立高校の山形中央高校へと進学します。

その理由は、強豪校の私立は県外出身者が多い中、公立高校は地元県内の選手が

主体のチームです。県内選手が多いチームで甲子園に出たかったそうです。

山形中央高校進学後は、寮生活を始めます。

実家から離れても寂しさはなかったそうです。

中学時代から描いている甲子園出場を目標にし、そしてプロ野球入りもめざしていたのです。

甲子園は2年春3年夏に出場しています。

2年の時は主に救援で登板し、3年夏の甲子園では初戦先発するも4回途中でノックアウト、

2回戦は救援で登板して無失点でおさえ、3回戦の相手は健大高崎戦は機動力に翻弄されて

夏の甲子園が終了する。

長身から投げ下ろす角度のあるストレートは威力があり、

落差のあるカーブに、フォークボールを織り交ぜながらの

投球はとても魅力的に映ります。

高校時代は独特のフォームでしたが、現在はフォームを若干修正しています。

ゆっくりとしたフォームからの投球はとても威力があります。

高校時代細身だったカラダもプロ入り後体重が増え、足腰がどっしりとしていて

迫力があります。テレビで見るよりも実物を見る方が迫力あるでしょう。

さて、そんな石川選手ですがやはり女性に人気があるようですね。

体格もよくなり端正な顔立ちは周囲の目を引きつけます。

ポスト大谷翔平とか言われています。

体格だけでなく、実力もポスト大谷クラスに成長していくことでしょう。

首脳陣からの期待も高いうえ、ファンからの期待も相当高いと思います。

彼女はいるかどうか女性はファンにとってはとても気になるとこですね。

facebook など、チェックしてみましたがよくわかりませんでした。

石川投手のfacebookは?彼女の存在は?

石川投手のfacebookを探してみましたが、

どうも内容でした。(探し方が悪いのかも知れません。)

また、彼女情報も見当たりません。

ただ、今この時期はとにかく1軍に上がって活躍するために

練習に費やす時間が必要です。

走ること、食べること、投球フォームのチェックなど、

毎日毎日やることが多くて大変です。

日本ハム・石川三兄弟

石川直也選手

そんな石川投手ですが、

日本ハムには石川という選手が3人います。

外野手の石川慎吾選手(1993年4月27日生まれ)

捕手の石川亮選手(1995年7月20日生まれ)

年齢も近く、皆イケメンですね。

石川三兄弟などと呼ばれているようです。

ちなみに三人とも高卒です。

これは、日本ハムは育成をしっかりしているという印象です。

一度3人勢揃いのお立ち台を見てみたいと思いませんか?

その前に期待してしまうことがあります。

それは、石川亮選手は捕手なので、

投手石川直也投手、受ける捕手が石川亮選手という組み合わせのバッテリーと

センター石川慎吾選手とセンターラインを石川三兄弟で固めるなんてプランもありです。

そんな希望を叶えてくれそうなのが栗山監督です。

もしかしたら、早くも来シーズンに実現してしまいそうなプランかもしれません。

かなり期待しています。

日本ハムファイターズはいろんなことを見せてくれる楽しい球団です。

栗山監督の発想はどこから出てくるのでしょうか?

※2016年11月2日に石川慎吾選手が巨人軍へトレードになりました。

石川投手・契約更改情報

2016年11月15日、石川投手は契約更改を行いました。

20万円増

年俸540万円

(金額は推定)

来シーズンは1軍で登板をして活躍してくれることでしょう。

初先発と初勝利がきっと見れることでしょう。

人気も急上昇するはずです。

石川選手の今後の活躍を期待しています。

石川直也投手 背番号51番。

ブログランキングに参加しています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA