宇佐見真吾選手(巨人)は阿部2世になれるか?2015年ドラフト4位指名選手。城西国際大学出身。「ももクロ」大好きな一面も!

巨人の小林捕手のライバルに浮上しているのが昨年(2015年)

ドラフト4位で入団した宇佐見真吾選手(城西国際大学出身)です。

宇佐見真吾選手は阿部慎之助選手2世?

宇佐見選手は、現在行われている台湾2016年アジア

ウインターベースボールリーグ(AWB)NPBイースタン

選抜選手として出場しています。

各球団の若手有望株と評される選手たちが集うこのAWBで、

宇佐見選手はバッチリの存在感を示しているといえるでしょう。

宇佐見選手の打撃フォームを見ると、

まるで阿部慎之助選手か?と思わせるようです。

阿部選手同様に長打力があり、

打撃面での期待がとても大きい選手です。

阿部選手に似た宇佐見選手の打撃フォーム(大学時代)

野球日本代表侍ジャパン公式サイトより引用

捕手としての守備面では、捕球して投げるまでが速く、

2塁送球が1.81秒を記録しています。

強肩・強打が魅力です。

スポンサーリンク

宇佐見選手はももクロ大好き!

宇佐見選手は大のももクロ好きというのが有名です。

オフの日に、ももクロのコンサートがあると

よく見に行くと言っています。

あのメジャーで活躍する田中将大投手(ヤンキース)

ももクロが大好きですよね。

来シーズンは行く機会があるのでしょうか?

宇佐見選手・契約更改情報

宇佐見選手は、現状維持の800万円(金額は推定)

契約更改しています。

 

来シーズンでは1軍での出場機会も間違いなく出てくる

と思います。

ただ、捕手には小林選手をはじめ、相川・実松選手の両ベテランも

控えていますので、どのタイミングで1軍登録されるかが楽しみですね。

春季キャンプでの活躍次第では開幕1軍の可能性が高いのではと感じます。

それにしても巨人は本当選手層が厚いですね。

宇佐見真吾選手のプロフィール

読売ジャイアンツ公式サイトより引用

宇佐見真吾(うさみしんご)

  • 生年月日:1993年6月4日生まれ
  • 出身地:千葉県松戸市
  • 出身中学:小金南中学校(千葉県松戸市)
  • 身長:181cm
  • 体重:87kg
  • タイプ:右投げ・左打ち
  • 野球経歴:二ツ木ソフトボール、小金南中学校(軟式)、市立柏高校、城西国際大学、読売ジャイアンツ2015年ドラフト4位指名

宇佐見選手は、リストが柔らかく、打球も速く、遠くに飛ばす力があります。

この打撃面をしっかりとアピールできれば、1軍でも出場機会が増えてきます。

そして、巨人の捕手層がさらに厚みをましますね。

スポンサーリンク

宇佐見選手・市立柏高校時代

市立柏高校では、2年秋から正捕手になります。

3年夏の選手権千葉大会では4回戦で敗退。

甲子園出場はありませんでした。

この時バッテリーを組んでいた森和樹投手(現ウィン北広島)は、

この年巨人から育成ドラフト1位指名で、

宇佐見選手よりひと足早くプロ入りしていますね。

巨人はこの時から宇佐見選手のことはよく知っていたことでしょう。

ドラフトまでの経緯というのは、語られてはいないところで

いろんなドラマがあったりするのですね。

宇佐見選手・城西国際大学時代

宇佐見選手は、千葉県内にある城西国際大学へと進学します。

この進学が宇佐見選手の成長に大きくかかわったのではないでしょうか?

城西国際大学の佐藤清監督は現役時代、早稲田大学から日本生命で活躍し

ていました。

佐藤監督の元、捕手としてまた、打者として成長し、

大学日本代表に選出されるような選手になりました。

宇佐見選手の2塁送球

ところが4年生となる春の代表合宿

守備練習中に打球が顔面にあたり、

左目眼窩底(がんかてい)骨折で2か月間の療養生活

なってしまいます。

まあ2か月間も療養すると、鍛えてきたカラダは痩せてしまい、

復帰しても本来の動きに戻るまで一定期間は余儀なくされます。

体重も10キロ落ちたそうです。

しかし、宇佐見選手の療養中にチームは大学日本選手権への出場を決めます。

その後、宇佐見選手も100%との調子には届かないまでも復帰することができ、

神宮での選手権に出場することができました。

そして夏にはユニバーシアードにも選出され、

宇佐見選手はチームの優勝に貢献しています。

野球生活を送っている間でケガなく過ごす選手も少ない中、

「選手生命も終わった」と思ったという大けがを負い、

精神的にも肉体的にも辛かったところからの復帰できたのも、

チームという仲間の存在が大きな力になったんだと思います。

辛い経験というのは、あとから考えるとその後の大きな糧となり、

転換点になっていくものですね。

宇佐見選手・2015年ドラフト会議

宇佐見選手は、読売ジャイアンツより4位で指名を受けました。

この年の1位は桜井俊貴投手です。

正捕手として長年活躍してきたポスト阿部慎之助選手として、

強肩・強打の魅力を十分に発揮してくれることを期待しています。

宇佐見選手の契約内容

  • 契約金:4500万円
  • 年俸:800万円
  • 背番号:52番

(金額は推定)

宇佐見選手・台湾2016年アジアウインターベースボールリーグ(AWB)へ

現在行われているAWBにイースタン選抜選手として

参加している宇佐見選手は、攻守にわたって活躍しています。

この大会での活躍は、来シーズンへの大きな弾みになるはずです。

1軍春季キャンプへの参加も大きく期待されています。

なによりも、秋季キャンプで高橋監督からの注目選手として評価は、

心強いものとなるでしょう。

小林選手との競争を期待されています。

ちなみにAWBでのNPBイースタン選抜チームは、

現在3位となっていて、17日に2位韓国チームとの

準決勝が行われます。

1位はNPBウェスタン選抜チームですので、

どちらも優勝を目指して力を発揮してほしいと思います。

宇佐見選手・1軍キャンプで躍動

宇佐見選手は春季キャンプの紅白戦で

スタメン出場しています。

1試合目では重信選手に2つの盗塁を許してしまって

いますが、2試合目では盗塁を許しませんでした。

強肩と安定したスローイングが素晴らしく、

これからの活躍が期待できます。

今シーズン終盤には、小林選手とのレギュラー争いが

出来るようになることでしょう。

打撃面でも阿部選手に似たフォームからの鋭い

スイングでこちらも期待できそうです。

あとは経験を積んで、

実績を出していくだけですね。

小林捕手も昨年から比べて、

パワーアップしている感が良く出ています。

巨人の正捕手争いが面白くなってきそうです。

宇佐見真吾選手の今後の活躍を期待しております。

宇佐見真吾選手、背番号52番。

ブログランキングに参加しております。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA