北海高校野球部エースの大西健斗選手は、イケメン。身長は〇〇、出身中学は?最高球速は〇キロ。画像あり。平川監督の指導の元、この夏活躍しました。

2016年夏の甲子園で注目を集めた選手と言えば、

北海高校の大西健斗選手。

エースで4番。

最近の高校野球ではこの響きが少なくなってきる中、

大きな存在感を示したのが大西選手でした。

心に残る選手です。

まず、イケメンです。V6の岡田准一さんに似ています。

身長は180cm

甲子園で活躍したことで人気も全国区になりましたね。

大西健斗

毎日新聞のニュースより引用

大西健斗選手のプロフィール

出身地:北海道札幌市

出身中学:札幌北リトルシニア

身長:180cm

体重:76㎏

血液型:AB型

大西選手は北海高校野球部で、エースで4番、主将です。

2016年夏の甲子園で主将として、

また投打の活躍でチームを牽引しました。

大西選手は連投に次ぐ連投をし、そしてチームは決勝まで進みましたが、

栃木県代表の作新学院戦では、1対7で敗戦。

惜しくも準優勝でしたが、北海高校は成績以上に高校野球ファンに感動を起しました。

スポンサーリンク

大西選手の最高球速は?

大西選手の最高球速は144キロ

130キロ台のストレートを中心にキレのあるスライダー。

大西選手の持ち味はコントロールの良いところ。

大西選手は2015年夏の甲子園で登板しました。

その試合では、1アウトもとれずに降板。

とても悔しかったことでしょう。

翌年の春の選抜を目指すも、

右肩故障でベンチ入りさえしませんでした。

夏の甲子園を目指してのことだったかもしれません。

夏の甲子園に向けてしっかりとした準備をした結果が

準優勝につながっていったのではないでしょうか。

連投できるスタミナ。

最近の高校野球の投手起用の傾向としては、エースの連投よりも2番手3番手が

準備をしていて、ある種ローテーションが確立しているようです。

北海高校でも2番手3番手投手の存在は会ったと思うのですが、

エースの大西選手の連投は肩や肘の状態を心配してしまいます。

甲子園の決勝では、大西選手は肘の状態があまりよくなかったと聞きました。

それでもマウンドに臨む大西選手はチームの柱なんだと感じます。

決勝戦では残念ながら3回で途中交代をしてマウンドを多間選手に譲りましたが、

あっばれ!

北海高校Number Webより引用”

大西投手の北海高校の精神力の強さ

大西選手を見ていて感じたのは、

マウンド上でどんな場面になっても動じないことです。

本当に高校生?と思えるくらいの精神力

この精神力があるからこそ決勝まで進むことができたことでしょう。

この精神力の強さ、

見ていてすがすがしいというか。

北海高校の選手たちは、試合中のガッツポーズ雄叫びなど

一喜一憂せずに試合に臨んでいます。

北海高校野球部平川監督は、

「野球は1回から9回まであるので、一喜一憂することなく、最終的にゲームで勝って喜び、嬉しさを感じなさいと言っています。1つのプレーで一喜一憂して しまうと、それが油断、勘違いにつながってミスをして、3、4点という失点となってしまう。そこを、4点を3点、3点を2点という風に抑えられれば、中盤 から終盤に2、3回チャンスが来ると思うので、その時に畳みかけるようにと考えています。落胆して『あの時の1点を防いでおけば』とならないように心がけていますね」

Number Webより引用

と言っています。

また、大西選手曰く、

「僕は相手打者を抑えて、ガッツポーズや雄たけびをしないです。野球は相手があって成立するスポーツですから、相手を敬うことを大事にしたいです」

Number Webより引用

北海高校に「あっぱれ!」ですね。

スポンサーリンク

平川監督の指導

平川監督は、勉強熱心で本州の強豪高を視察し、

なかでも広島広陵高校の中井監督の指導に

感銘を受けたそうです。

そうして培ってきた平川監督の指導法が、

あの北海道といえば駒大苫小牧、北照、札幌第一、

日大札幌、東海大札幌、北海道栄などの強豪高が

ひしめく中で、

2年連続の夏の甲子園出場、2016年夏の甲子園で

優勝まであと1歩のところまで来たわけです。

大西選手の進路は?

さて、大西選手の今後に注目が集まっています。

現在、U-18アジア選手権が開催されていますが、

大西選手は残念ながら選出されませんでした。

もしかしたら肘の状態がよくないのかもしれません。

U-18日本代表には、北海高校と決勝戦を戦った

作新学院の今井選手をはじめ、横浜高校の藤平選手、

花咲徳栄の高橋選手、そして履正社の寺島選手など

ドラフト注目選手たちが選ばれています。

プロのスカウトが注目さている中、大西選手はどうやら

プロ志望届は出さないようです。

大学に進学して野球は続けるようですね。

そこでまた注目されるのがどこに進学するのかというところ。

慶応大学という話もあるようですね。

※大西投手は慶応大学に合格しました。

どこに進学するのかは数か月の間に決定するとは思いますが、

ドラフト指名があるかもしれませんね。

もちろん北海道日本ハムです。

大西選手は身長180センチ、イケメンです。

人気は出るのは間違いないです。

そしてあの精神力。

投手として成長すれば活躍することは間違いないでしょう。

でも、大学に進学するでしょうね。

人材としては、プロ野球でなくても企業がほっとくわけありませんね。

大西健斗選手の今後の活躍を期待しています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA