2016年ドラフト会議~埼玉西武ライオンズ指名選手

埼玉西武ライオンズ指名選手。

指名順位 ポジション 西武 ふりがな 所属
1位 投手 今井達也 いまい・たつや (作新学院) 右投げ 右打ち
2位 投手 中塚駿太 なかつか・しゅんた (白鷗大) 右投げ 右打ち
3位 内野手 源田壮亮 げんだ・そうすけ (トヨタ) 右投げ 左打ち
4位 外野手 鈴木将平 すずき・しょうへい (静岡高) 左投げ 左打ち
5位 投手 平井克典 ひらい・かつのり (Honda鈴鹿) 右投げ 右打ち
6位 投手 田村伊知郎 たむら・いちろう (立教大) 右投げ 左打ち

※太字は高校生です。

2016年ドラフト西武

今年のドラフト1位指名は、高校生BIG3の一角、

夏の甲子園の優勝投手、作新学院の今井達也投手です。

単独指名が出来て渡辺久信シニアディレクターも満面の笑みをこぼしていました。

今回のドラフトは100点満点だったのではと評価しています。

6人指名というのが多いのか少ないのかはよくわかりません。

ただ他球団に比べると少ないという印象が残りますが、

現在の選手層などから判断して西武にとって6人の指名に至ったのでしょう。

単独指名ができて本当に良かったですね。

数球団の競合指名が予想されていたのですが、田中正義投手(創価大)を中心に、

大学生BIG3の即戦力を候補にしていた球団が多かったので、

西武の戦略が見事にはまった感があります。

投手4人に内野手1人、外野手1人の指名でした。

右投げ投手だけの指名でした。

育成選手の指名はありませんでした。

さて、埼玉西武ライオンズは田邊徳雄監督が辞任して、来シーズンより辻発彦監督が就任する

ことなり、新生ライオンズに貢献してくれるであろう選手の指名が行われました。

1位 今井達也投手(作新学院)

夏の甲子園優勝投手の実績を引っ提げ、

将来の西武ライオンズのエース候補になりうる逸材です。

早ければ来シーズン中の1軍登板が期待されます。

本人の目標は開幕ローテ。夢は大きく行こう!

1軍デビュー曲はもう決まっているそうです。

長渕剛さんの「情熱」。

ノリの良いリズミカルナ長渕ソングで緊張をも鼓舞してしまいそうな曲ですね。

今井投手の投げっぷりはとても気持ちがいいです。

誰からも応援される選手になれると思います。

2位 中塚駿太投手(白鴎大学)

MAX157㎞を投げる巨漢(体重100kg超)投手。

田中正義投手を凌ぐ速球に磨きをかけて、

大学生速球NO.1投手は160㎞に到達するのも近いでしょう。

田中正義には負けたくないと闘志を燃やす中塚投手ですが、

体脂肪率25%とアスリートでは規格外です。

来春キャンプまでにはきっと絞ってくることを期待しています。

阪神1位指名の大山悠輔選手は、つくば秀英高校から7年間チームメートとして、

苦しい時も楽しい時も過ごしてきました。

舞台をプロ野球に移し、ライバルとして対戦することに。

即戦力として早く1軍で登板する姿を見たいです。

3位 源田壮亮選手(トヨタ自動車)

社会人NO.1ショートとの呼び声が高い源田壮亮選手を指名。

内野手の補強を重点において走・攻・守と三拍子揃った選手です。

開幕スタメンも期待できる選手ですね。

守備はショートかセカンド。

でも、まずは足を活かして強みを発揮して欲しいですね。

元ロッテの小坂誠氏の走塁を参考にしているそうです。

そして小坂氏のようにプロ野球で息の長い活躍ができるように成長を期待します。

4位 鈴木将平選手(静岡高校)

鈴木将平選手も走・攻・守と三拍子揃った選手です。

守備位置は外野手です。

今年の侍ジャパンU-18に選出されAAAアジア大会では、

大活躍した選手です。

木製バットにもしっかりと対応していて高評価でした。

この夏の甲子園は惜しくも4回戦(ベスト16)で敗退。

名門静岡高校の主将としてチームを牽引しました。

静岡高校からは昨年のドラフトでも主将の堀内謙吾捕手(楽天)が4位指名されています。

先輩・後輩の対決が見れるのをファンとしてとても楽しみです。

5位 平井克典投手(Honda鈴鹿)

平井克典投手は、社会人野球に進んでから年々実力をつけてきた投手です。

スリークオーターからのMAX146㎞のストレートとスライダー・カットボールを織り交ぜ

る投球をする投手です。

高校は鈴木将平選手の静岡高校と同じ静岡県の飛龍高校。

飛龍高校時代は控え投手ながら活躍していました。

西武には高橋朋己投手も飛龍高校とは隣の加藤学園高校で、控え投手でした。

高橋朋己投手の西武での活躍と同様に平井選手も活躍が期待できる選手です。

来シーズンの1軍登板を見たいですね。

6位 田村伊知郎(立教大学)

立教大学からは3名がドラフト指名されています。

田中和基選手が楽天、澤田圭佑投手がオリックスです。

田村伊知郎投手と聞くと思いだされるのが、

報徳学園では1年から活躍した投手です。

田村投手は身長173cmと小柄な投手ですが、その力強いフォームは小柄な投手とは感じさせず、見ているこちらが鼓舞してしまうような選手です。

1軍のマウンドで躍動するその姿を早く見てみたいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA