2016年ドラフト会議~中日ドラゴンズ指名選手

中日ドラゴンズは1位指名柳裕也投手を競合で森繁和監督が当たりくじを引き当てました。

大学生投手BIG3で即戦力投手の期待がかかる柳裕也投手をはじめ、

全7名(育成1名)の選手をドラフト指名しました。

中日ドラゴンズ指名選手。

指名順位 ポジション 中日 ふりがな 所属
1位 投手 柳裕也 やなぎ・ゆうや (明治大) 右投げ 右打ち
2位 内野手 京田陽太 きょうだ・ようた (日本大) 右投げ 左打ち
3位 内野手 石垣雅海 いしがき・まさみ (酒田南) 右投げ 右打ち
4位 投手 笠原祥太郎 かさはら・しょうたろう (新潟医療福祉大) 左投げ 左打ち
5位 投手 藤嶋健人 ふじしま・けんと (東邦高) 右投げ 右打ち
6位 投手 丸山泰資 まるやま・たいすけ (東海大) 右投げ 右打ち
育成1位 投手 木下雄介 きのした・ゆうすけ (徳島インディゴソックス) 右投げ 右打ち

※太字は高校生。

大学生の即戦力で期待がかかる投手と内野手を1位と2位で指名。

指名の内訳は、

大学生が4人、

高校生が2人、

独立リーグが1人。

(社会人は指名がありませんでした。)

将来性豊かな高校生2人は、

大化けする予感があり、かなり期待ができる選手です。

2016年ドラフト中日

1位 柳 裕也投手(明治大)

東京6大学野球NO.1投手として高評価の柳 裕也投手。

明治大学最終学年で春・秋連覇達成に貢献、

主将としてエースとして明治大を牽引します。

いよいよ大学日本一へとまた1歩前進します。

松坂大輔投手に憧れ、プロ野球選手目指し宮崎県から遠く離れた横浜高校へと進学し、

プロ野球への道筋をつくりました。

横浜高校と明治大学、そして侍ジャパン大学選抜で主将、

その厚い信頼を築いてきました。

普段の笑顔では想像できないほど、人一倍努力を積み重ねてきた選手です。

中日ドラゴンズでは即戦力として大きく期待されていて、

開幕1軍で活躍する姿を是非見せてほしいと思います。

2位 京田陽太選手(日本大学)

大学生NO.1の守備力と評判の京田選手。

華麗なグラブさばきはきっとプロ野球ファンは魅せられることでしょう。

走攻守と三拍子揃った大型の遊撃手です。

京田選手も開幕1軍が期待できる選手です。

青森山田高校でもプロ注目選手でしたが、プロ志望届は出さずに日本大学で野球を

続けました。自分の進路でベストの選択をしてきたと言えるでしょう。

こうした節目節目での決断がプロ野球で活躍するための準備をしてきたのです。

京田選手の守備位置の遊撃手には、堂上直倫選手という素晴らしい選手が活躍して

いますので、堂上選手に追いつくためには相当な練習量をこなさなくてはいけませんね。

ただ、京田選手クラスになると、練習自体そのものはツライものという意識もないこと

でしょう。

プロ1年目からの活躍を期待しています。

3位 石垣雅海選手(酒田南)

将来性豊な石垣雅海選手。特に打撃面で大きく期待されています。

石垣選手自身も遠くに飛ばす打撃面が強みと語り、

山田哲人選手(ヤクルト)のようにトリプルスリーができる選手を目指していると

抱負を語っています。

石垣選手は主将としてチームを牽引。人望も厚い人柄のようです。

50m5秒9と遠投100mと能力が高いので、とても楽しみな選手ですね。

1発ギャグが得意というキャラクターも魅力的です。

周りを明るくしてくれるなんとも頼もしい存在です。

4位 笠原祥太郎投手(新潟医療福祉大学)

笠原祥太郎投手は、新潟県内の大学から初めてのプロ野球球団から指名を受けました。

新津高校時代は特に目立った成績がなかったのですが、

新潟医療福祉大学に進学してから、練習量を増やし、カラダも大きくした。

練習はウソをつかないとはよく言いますが、

どんな形でも練習を積み重ねることがとても大事なのですね。

笠原祥太郎投手がそれを実証して見せてくれています。

MAX147㎞のストレートを武器に、三振を奪える投球は、

プロ野球での活躍を予感させる内容です。

4位指名ということで、本人はこんな良い順位と喜んでいましたが、

3位以内に入るかと思う選手です。

中日ドラゴンズでの活躍が早く見たいですね。

5位 藤嶋健人投手(東邦高校)

藤嶋健人投手は打撃面でも注目が集まっていて選手です。

バッターとしての活躍する姿を見たかったのですが、

中日ドラゴンズでは投手1本で挑戦することが決まりました。

藤嶋投手はとにかく明るい人柄ですね。

中日ドラゴンズのスター的存在になるように感じます。

これからの活躍する姿が目に浮かぶようです。

6位 丸山泰資投手(東海大)

東海大学といえば、巨人の菅野投手の後輩ということになりますね。

MAX151㎞の伸びのあるストレートを主体に、緩急織り交ぜたキレのある

変化球が持ち味の即戦力の期待がかかる投手です。

丸山投手は見るからに柔軟なカラダでフォームがしなやかという印象です。

若干細身に見える体格がスマートに見えます。

プロ野球の世界に入って体格も変化してくるのでしょうね。

そして、丸山投手は昨年、完全試合を達成しています。

凄い投手なんです。

また、藤嶋健人投手の東邦高校の先輩にあたります。

来シーズンで1軍登板が早く見たい投手です。

 育成1位 木下雄介投手(徳島インディゴソックス)

徳島インディゴソックスのチームメートの福永春吾投手は阪神からドラフト

指名を受けています。

プロ野球の扉を開いた木下投手。

一日でも早く支配下登録されることが期待されます。

7月中に支配下登録されるように応援したい選手です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA