2016年ドラフト会議~北海道日本ハムファイターズ指名選手

北海道日本ハムファイターズの指名選手一覧です。

指名順位 ポジション 日本ハム ふりがな 所 属
1位 投手 堀瑞輝 ほり・みずき (広島新庄) 左投げ 左打ち
2位 内野手 石井一成 いしい・かずなり (早稲田) 右投げ 左打ち
3位 投手 高良一輝 たから・かずき (九州産業大) 右投げ 右打ち
4位 外野手 森山恵佑 もりやま・けいすけ (専修大) 左投げ 左打ち
5位 投手 高山優希 たかやま・ゆうき (大阪藤蔭) 左投げ 左打ち
6位 投手 山口裕次郎 やまぐち・ゆうじろう (履正社) 左投げ 左打ち
7位 捕手 郡拓也 こおり・たくや (帝京高) 右投げ 右打ち
8位 投手 玉井大翔 たまい・たいしょう (新日鐵住金かずさマジック) 右投げ 右打ち
9位 内野手 今井順之助 いまい・じゅんのすけ (中京高) 右投げ 左打ち

※太字は高校生です。

日本ハムドラフト2016

クジ引きは栗山監督

今年のドラフト会議。

クジ引き戦力外だった栗山監督が復活しました。

指名した選手が競合になった場合、栗山監督が登場します。

第一回選択希望選手、

北海道日本ハム、

田中正義、創価大学

こうコールされて時点ですでにロッテソフトバンク巨人とすでに田中正義投手を

指名していたことでクジ引きが決定されていました。

さらに広島も加え5球団による競合になりクジ引きになります。

クジ引きの際の順番がペナント下位のチームからになりますので、

栗山監督は4番目になりました。

あまりものには福があるではありませんが、

このクジ引き、もう少しなんとかならないものでしょうか?

公平といえば公平ですけど。

クジを引いた結果、田中正義投手の指名権はソフトバンクの工藤監督が射止めました。

残念!栗山監督の引き寄せる力が弱かったのかな・・。

さて、気を取り直して2度目の1位指名の入札が行われましたが、

ここでもまさかの5球団による競合でクジ引きになりました。

佐々木千隼投手(桜美林大)をロッテ横浜巨人日本ハム広島5球団による

クジ引きです。

ここでも栗山監督のクジを引けるのは4番目です。

結果は、最初にクジを引いたロッテの山室球団社長が見事に佐々木千隼投手を

射止めました。

まさかのクジ引き2連敗でした。

本当残念でした。

しかし、物は考えようです。

クジ引きが外れた二人の投手は、二人とも右投げ投手です。

日本ハムにとっては、戦力的に左投手が欲しかったのです。

そこで、3度目の1位指名選手の入札で堀瑞輝投手(広島新庄)を単独指名することが

できました。

おめでとうございます!

日本ハム・育成ドラフトなし

日本ハムの方針で育成ドラフトでは指名はしていません。

その分、通常のドラフトで多くの選手を指名します。

今回指名したのは9名。

高校生5人、

大学生3人、

社会人1人。

即戦力重視のように映りました。

1位 堀 瑞輝投手(広島新庄)

1位指名の堀瑞輝投手は高校生ですが、

開幕1軍を目指すことを表明しています。

栗山監督も早速21日(金)午後7時に堀瑞輝投手へ指名あいさつを行い、

日本シリーズ7戦分のチケットをプレゼントしたそうです。

堀投手は広島カープの地元ですが、

日本ハムを応援するそうです。

すでに日本ハムの一員ですから。

2位 石井 一成選手(早大)

2位には早稲田の石井一成選手を指名。

石井選手は早大の先輩でロッテで活躍する中村奨吾選手のような走攻守と三拍子揃った

活躍ができるように目指したいと語っています。

石井選手も走攻守三拍子そろった選手です。

ベストナインも受賞し主将としてチームを牽引してきました。

また、西武に1位指名された今井達也投手は作新学院の後輩です。

同じパリーグなので対戦するのを楽しみにしているそうです。

先輩・後輩であってもプロ野球は勝負の世界。

二人が対戦するのを今から楽しみですね。

3位 高良一輝投手(九州産業大学)

高良投手は沖縄県興南高出身の選手です。

興南高校といえば、2010年の春夏連覇したチームです。

高良投手は登板機会こそなかったもののそのチームの一員として日本一を経験しています。

球のキレの良い投手でストレートで三振を取れる投手です。

開幕1軍の可能性がある投手なので、意外と早く高良投手の活躍を見ることができるかも

しれません。

4位 森山恵佑選手(専修大)

星稜高校出身のゴジラ2世。高校時代は大型左腕で投手として活躍していましたが、

野手に転向し、今度は大学屈指の大型スラッガーとして神宮球場で140m弾が有名です。

4番で主将も務める素晴らしい選手です。

広い札幌ドームでのホームランを早くみたいですね。

5位 高山優希投手(大阪桐蔭)

大阪桐蔭といえば、中田翔選手ですね。

中田翔選手にとって高山投手は母校の後輩として初めて日本ハムに入団してきます。

対面を心待ちにしているそうです。

6位 山口裕次郎投手(履正社)

山口裕次郎投手の裕次郎は、石原裕次郎さんの裕次郎。

来年、小樽にある石原裕次郎記念館が閉館してしまい、なんとも寂しい気持ちになりますが、

石原裕次郎さんゆかりの地、北海道に山口裕次郎投手はやってきてくれれば、

石原裕次郎ファンも喜びます。

※山口裕次郎投手は入団を辞退しています。

7位 郡 拓也選手(帝京高)

走れる捕手として注目選手です。

帝京高校OBの杉谷拳士選手がいますので、きっと可愛がってくれるでしょう。

郡選手は、実家を初めて出ることになるので、

新しい生活環境に早く慣れて、足を活かした活躍からでも見たい選手です。

8位 玉井大翔投手(新日鐵住金かずさマジック)

大学時代のチームメートだった井口和朋投手(日本ハム)とまた同じチームメートになり

ます。

玉井投手は道産子

北海道のファンは道産子のヒーローの活躍を誰よりも見たいと思うはず。

即戦力として来年1軍で登板できることを期待しております。

9位 今井順之助選手(中京高)

岐阜の中京高は今年の夏、甲子園出場しています。

今井順之助選手のフルスイングは印象に残っています。

今井選手の父親は元阪急プロ野球選手です。

母親はプロゴルファーです。

2016年日本ハム新入団選手発表

2016年11月23日ファンフェスティバルでの模様です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA