埼玉西武ライオンズの山川穂高選手は次代のホームラン王への期待が高まっています。

山川穂高選手は、埼玉西武ライオンズのおかわりくんこと中村剛也選手にそっくりです。

本当にそっくりです。守備も同じサードで打撃フォームも若干の違いはあるものの

そっくりです。

でもただのそっくりさんではありません。しっかりと打撃面で結果が伴ってきています。

豪快なホームランは見応えがあります。おかわりくんもびっくりの飛球がスタンドへ飛び込ん

でいきます。

今後いったい何本のホームランを打つことになるのでしょうか?

山川穂高選手のプロフィール

 山川穂高選手(西武)

(社)日本野球機構公式サイトより引用

山川穂高(やまかわほたか)

  • 生年月日:1991年11月23日生まれ
  • 出身地:沖縄県那覇市
  • 出身中学:城北中学(沖縄県那覇市)
  • 身長:176cm
  • 体重:100kg
  • タイプ:右投げ・右打ち
  • 野球経歴:首里マリナーズ(城北小学校)、チームSOLA沖縄(城北中学)、中部商業高校、富士大学(岩手県花巻市)、埼玉西武ライオンズ2013年ドラフト2位

沖縄県出身の選手です。

だから山川選手の登場曲は、

「オジー自慢のオリオンビール(エイサー・バージョン)」BEGIN

です。

オリオンビール大好きです。この沖縄のオリオンビールと沖縄出身のBEGINが唄っています。

沖縄づくし。沖縄をこよなく愛する沖縄県人です。

この曲がかかると球場全体がなんかほっこりするというか、ぱっと明るくなるというか、

山川選手にはぴったりの登場曲となっています。

さて、山川選手はおかわりくん2世と呼ばれています。

打撃フォームもそっくりなのですが、

これは山川選手が中村選手の打撃フォームを研究した成果とも呼ばれています。

一瞬でスタンドまで飛んで行く打球は見応えのあるホームランです。

また、守備のサードではおかわりくん同様に軽快な動きを見せてくれます。

山川選手の中部商業・富士大学時代

山川選手は甲子園出場はないものの沖縄県大会準優勝をしています。

中部商業高校時代には通算27本のホームランを打っていました。

富士大学進学後は、その打撃に磨きをかけ1年春からレギュラーで4番。

北東北大学秋季リーグで打点王を獲得。

その後、日米大学野球選手権で日本代表にも選ばれますが最終選考で外れてしまいます。

上には上がいるのがこのプロ野球の世界です。

ただ、山川選手がもし出場していたらきっと活躍していたのは間違いありません。

日米大学野球は出場を逃したものの、東アジア競技大会に大学生としては1人だけ選ばれて

韓国戦で満塁ホームランを打って見せました。

魅せますね~! 本当、ここ一発何か持っている男ですね。

目の前のプレーに集中して、実力を証明できるチャンスを活かしています。

強豪韓国チームと対戦して、ただのホームランでなく、満塁ホームランとはすばらしい結果

です。

結果が目に見えてでてくると、

プロ野球ドラフト候補として注目が集まってきます。

山川選手・2013年ドラフト会議

山川穂高選手(西武)

2013年ドラフト会議で埼玉西武ライオンズからドラフト2位指名を受けます。

この年の1位指名は森友哉選手(大阪桐蔭)です。森選手も小柄な選手です。

この小柄の意味は身長です。

山川選手176cm

森選手 170cm

山川選手は野手としては若干小さい方です。

西武はパワーヒッター二人を獲得して試合を盛り上げることに成功していますよね。

このまま二人とも順調に成長して活躍してほしい選手です。

山川穂高選手の契約内容

契約金:7000万円

年 俸:1200万円

背番号:33番

(金額は推定)

2013年のドラフト会議は、松井裕樹投手が注目を集めた年でした。

山川選手・2016年シーズンの打撃成績

2016年は開幕スタメン出場をします。

出場試合数は49試合。139打数(157打席)で

本塁打:14本

打点:32点

三振:36

打率:.259

山川選手のホームラン

まずまずの成績だと思います。

前年の出場試合数1試合と比べると大きな飛躍と言えるでしょう。

来年はこの成績がきっと加速すると思います。

盗塁がゼロというのがちょっと物足りないですね。

山川選手は意外と足も速いのです。

大学時代の記録ですが、50mを6秒2で走るのです。

プロ野球選手の身体能力は計り知れません。

是非、今シーズン中に盗塁を決めてほしいと思います。

山川穂高選手・狙うは三冠王

山川選手の目標は三冠王。

その目標に向かって1シーズンフルに出場できるように挑戦中のようです。

今シーズンの目標は1・2軍でのホームランの合計数が30本

現在は1軍14本、2軍22本ですから36本と立てた目標をクリアしています。

立てた目標を達成できる裏には向上心が欠かせません。

山川選手は自分の打席の動画は必ずチェックしているそうです。

そうやって研究しながら、フォームとタイミングを合わせることができるようになって

くるとこちらも三冠王を期待してしまいます。

1軍の相手投手も山川選手の研究はしてきます。

今後は徹底的にマークされてくることでしょう。

そこをいかに打ち砕くことができるかは、山川選手の努力が必要です。

山川選手は三冠王という目標をあえて公言して、ある意味退路を断ったわけですよね。

来シーズンは出場試合数を増やして手ごたえをつかんでほしいものです。

ファンとしてその目標を達成するために何もお手伝いはできませんが、応援はできます。

山川選手・契約更改情報

2016年11月11日山川選手は契約更改を行いました。

600万円増1600万円での更改です。(金額は推定)

来シーズンの1軍での出場機会を増やすためにも、

シーズンオフはトレーニングで技術を磨いてくるはずです。

レギュラー定着が出来るよう応援したいと思います。

山川穂高選手の今後の活躍を期待しています。

山川穂高選手 背番号 33番。

ブログランキングに参加しています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA