柳裕也投手(明治大)は横浜高校出身で甲子園の出場回数は?巨人もドラフト1位候補。力強くしなやかなフォームからの球種はカーブが魅力です。Twitterは?

2016年ドラフト会議ももうじきです。

どの球団がどの選手を指名するのか?

そのドラフト1位候補に名を連ねているのが、

明治大学野球部の柳裕也投手です。

柳裕也投手は、ドラフト1位で指名されるのはほぼ間違いないでしょう。

果たしてどの球団が柳投手を指名するのか本当楽しみです。

柳裕也投手(明治大)

柳裕也投手のプロフィール

 柳裕也投手2(明治大)

明治大学野球部サイトより引用

柳裕也(やなぎゆうや)

  • 生年月日:1994年4月22日生まれ
  • 出身地:宮崎県都城市
  • 出身中学:小松原中学校(宮崎県都城市)
  • 身長:180cm
  • 体重:83kg
  • タイプ:右投げ・右打ち
  • 野球経歴:大王小学校3年生に志比田スポーツ少年団(軟式)、都城シニア(硬式)、横浜高校(甲子園)、明治大学

柳投手は、志比田スポーツ少年団6年生の時に全国優勝をしています。

しかし、その直後に父親を交通事故で亡くしてしまっています。

柳投手は、母親に女手ひとつで育てられてきていたわけです。

真剣に野球に打ち込めたのは柳投手の努力でもあり、

同時に応援し続けている母親の力でもあるのです。

母親の支えなくして今の柳投手はないのです。

そのことを誰よりも理解しているのは柳投手本人です。

野球でどんなにつらくなったときでも常に母親の支えを忘れずにいるのです。

こういう話を聞くと、なぜか野球アニメ「メジャー」の五郎を思い出します。

五郎も大好きな野球に打ち込み、常に周りの人に感謝の気持ちを忘れていません。

柳投手にも五郎と同じようにメジャーへの挑戦というのも視野に入っているかもしれません

ね。

メジャーを視野に入れるのならその夢を応援してくれる球団に指名してもらいたいですね。

都城シニア時代にはMAX135㎞というストレートを持っていました。

日本代表として出場した全米選手権ではサイヤング賞を獲得しています。

中学生のときからすでに本場アメリカで活躍して投手として認められているとは・・。

アメリカ野球としっかりと縁ができているのですね。

横浜高校野球部時代

柳投手の実力なら地元の強豪校からも声がかかっていたと思います。

ところが、柳投手は地元から遠く離れた横浜高校野球部を選択するのです。

松坂大輔投手と同じ横浜高校で野球がしたいとの理由があったようです。

確かに松坂投手はメジャーでも活躍した選手です。

松坂投手の甲子園での活躍が柳投手の中では強い印象として残っているのでは

ないでしょうか?

横浜高校への憧れとともに、神奈川県という強豪校が揃っているところで

勝ち進むことに意味があるのです。

野球への強い気持ちがひしひしと伝わってくるようです。

横浜高校では1年秋からベンチ入りします。

甲子園には2年春と夏、そして3年春と3回も出場しています。

最後の夏はあの桐光学園 2年生エース松井裕樹投手(現楽天)に敗れてしまいました。

柳投手は横浜高では主将でした。

大学でも主将、侍ジャパンでも主将と一流選手の道をしっかりと歩んでいるわけですね。

明治大学野球部時代

大学進学の際、横浜高校野球部の元部長 小倉清一郎氏は、学費等の面を心配して、

特待生扱いとなる日体大進学を強く勧めたといいます。

明治大学で野球をやるには卒業まで学費や寮生活なども含めて1000万円はかかります。

その費用を工面するだけでも母親には相当な苦労を掛けることがわかっています。

ただ父親が残してくれたお金が800万円で明治大学を選択しました。

「六大学野球で神宮を舞台に活躍する姿を母親に見せたい」という強い意志が

あったそうです。

六大学で柳投手が掲げた目標は、4年間で公式戦20勝と300奪三振です。

すごい目標です。六大学で今まで300奪三振記録を達成してきたのは、14人。

直近では、おなじ明治大学で現広島カープの野村祐輔投手(通算30勝、358奪三振)

が2011年に達成しています。

300奪三振を達成した14人は全員プロ野球へと進んでいます。

柳投手もつい先日の10月1日の法大戦で通算21勝と300奪三振を達成しています。

なんとも見事な記録達成です。

プロ野球に進んで活躍しないわけがないと思います。

だからこそドラフト1位指名候補にあがっているのですね。

柳投手の魅力

柳投手の魅力はコントロールの良さがあげられます。

現在のストレートのMAXは150㎞ですが、

110㎞台の緩急をつけた落差のあるカーブ、しかもカーブのコントロールも抜群に

良いのです。

柳投手はメジャーにいないタイプの投手だそうです。

日本のプロ野球でどこまで結果を出せるのかすごく期待してしまいます。

Twitterをチェックしてみたところ

柳投手のtwitterがあるのかチェックしてみたのですが、

同じ名前がありましたが、どうも柳投手とは違う人のもののようでした。

たぶんいろんな人が柳投手のtwitterだと思ってアクセスしていると思います。

2016年ドラフト 巨人1位指名候補

今年もその日がやってきます。

10月20日(木)ドラフト会議が行われます。

柳投手は10月3日にプロ志望届を提出しています。

ちょうどこの3日が大安吉日と良い日だったからだそうです。

1位指名候補は巨人だけではないと思われます。

あとは指名してくれた球団がどこであろうと、

柳投手にとって間違いなく吉報になるはずです。

柳投手のことですから、

目標をしっかり掲げているはずですね。

プロ野球のどの球団に進むにしても、

自分の目標を見失わず

柳裕也投手の今後の活躍を期待しております。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA