高田萌生投手(創志学園)はドラフト巨人5位指名、MAX154㎞のフォームは剛腕投手に似ている。名門中学出身で甲子園出場経験あり。

今年のドラフト会議で巨人から指名を受けた高校生は二人でした。

そのうちの一人が高田萌生投手、もう一人は大江竜聖投手(二松学舎)です。

二人とも将来性があり、どんな成長をするのか本当に楽しみな投手です。

ドラフト会議で5位指名のアナウンスで

名前が読み上げられた瞬間、

両親とがっちり握手。

ホッと安堵の表情に変わりました。

高田萌生投手、ドラフト巨人指名、

おめでとうございます!

高田萌生投手のプロフィール

読売ジャイアンツ公式サイトより引用

高田萌生(たかだほうせい)

  • 生年月日:1998年7月4日生まれ
  • 出身地:岡山県新見市
  • 出身中学:明徳義塾中学校(高知県須崎市)
  • 身長:178cm
  • 体重:75kg
  • タイプ:右投げ・右打ち
  • 野球経歴:小学校3年生よりソフトボールをスタート、明徳義塾中(軟式)、創志学園

明徳義塾中では軟式野球をしていました。

明徳義塾中は中高一貫校なので、

中学野球にも力を入れています。

ただ、そのまま明徳義塾高校にすすむのではなく、

地元岡山県の創志学園に進学して甲子園を目指します。

この時、高田投手は憧れの松坂投手がいた横浜高校への

入学を希望していたそうですが、

すでに入部枠がいっぱいだったそうです。

横浜高校にはプロ野球でもライバルになるであろう

藤平尚真投手がいます。

案外、高田投手は藤平投手のファンかも知れませんね。

スポンサーリンク

創志学園野球部時代

地元新見市と創志学園のある岡山市とは、

同じ岡山県ですが結構距離があります。

その岡山県にあって強豪校の創始学園で

3年の春・夏に甲子園連続出場をしています。

甲子園では春1勝し、夏は初戦敗退でした。

高田投手の活躍が勝利に大きく貢献しています。

夏の選手権予選岡山大会での決勝戦は大きく取り上げられました。

決勝戦の対戦校は玉野光南、9回表まで0対1で追いかける展開。

1アウト1塁、ピッチャーゴロダプルプレーで

玉野光南は歓喜していた、

打者の打球が一度打者にあたっていたため

玉野光南に決まりかけていた勝利が、

その直後、創志学園が4点を入れて逆転してしまいます。

そのまま9回裏を守り切って、

創志学園は念願だった夏の甲子園初出場を決めます。

この試合も高田萌生投手の好投が功を奏します。

最後まであきらめない気持ちが勝利を導いてきたのでしょう。

それにしても自らの手で決めるところが、

プロ野球でも活躍する要素がたっぷりあると

思うのです。

勝利をつかむためには、相手を上回る必要があるからです。

強豪校はどのチームも練習量が凄いですよね。

練習量だけではありません。技術の向上も伴います。

高田萌生投手がどれだけ練習をしてきた

のかが想像できます。

MAX154㎞のストレートも練習を

積み上げてきて足腰を鍛えてきた証です。

ストレートを軸に緩急の変化球で打者を

翻弄する投球が持ち味の高田投手です。

高田投手は、足が速くスタミナもついてきています。

プロ野球で活躍するには、もう少し体格を太くした方が

良いように見えます。

スポンサーリンク

高田萌生投手投球フォームはあの剛腕似

高田投手のフォームを見ると、

元メジャーで現ソフトバンクに所属する

松坂大輔投手そっくりです。

このフォームが似ていることで、

松坂2世と言われています。

本人も松坂投手が憧れの存在であり、

とても意識しているそうです。

フォームを真似ることはできてもそのフォームを

簡単に自分のものにできるものではありません。

自分のフォームを作り上げるために、

ここでも練習を積み上げたことでしょう。

ハッキリ言って高田萌生投手のフォームは、

本当カッコいいです。

このフォームで活躍してくれることはファンに

とっても楽しみします。

松坂投手ファンもきっと応援してくれるでしょう。

そしてなによりも松坂投手と高田投手との対決を

期待してしまいます。

2016年ドラフト会議巨人5位指名

今年の巨人は即戦力投手を中心に指名が行われました。

上位4名のうち、野手が吉川尚輝選手ひとりで即戦力の

期待がかかる投手を3人指名しています。

高田投手をしっかりと育成すると思います。

巨人のスカウトは、松坂2世というよりも桑田真澄さん

の方がどちらかというと似ていると言います。

キレのあるストレートと緩急をつけた変化球を投げるところは、

確かに桑田真澄さんのようです。

でも、カラダを鍛えれば球速も伸びるとも言っています。

そうなると、松坂投手にどんどん近づいてくることでしょう。

高田投手の次なる目標は?

プロ野球に進む高田投手にとって次なる目標はなんでしょうか?

「まずは、1軍でローテションを守れる投手になり、

それから日本を代表する投手になりたい」と抱負を語っています。

日本を代表する投手になるということは、

もしかしたらと思います。

もしかしたら、松坂投手のようにメジャーで投げることを

目標にしているかもしれません。

巨人という球団がその夢を後押ししてくれるとは限りませんが、

ファンはその夢を応援してしまうでしょう。

高田萌生投手の今後の活躍を期待しております。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA