網谷圭将選手(横浜DeNA)の140m弾は凄いぞ!2016年の成績は?育成ドラフト1位指名で支配下登録もまじかか?

ラミレス監督も注目している選手といえば?

育成選手ですが、2017年春季1軍キャンプスタート決定!

網谷圭将選手(横浜)

筒香選手につづく長距離砲が期待されているのが

網谷圭将選手です。

その打力にラミレス監督が注目しているのです。

さあ、いよいよ支配下登録かも?

網谷圭将選手のプロフィール

 網谷圭将選手(横浜)2

横浜DeNAベイスターズ公式サイトより引用

網谷圭将(あみやけいしょう)

  • 生年月日:1997年10月3日生まれ
  • 出身地:千葉県市原市
  • 出身中学:ちはら台南中学校(千葉県市原市)
  • 身長:183cm
  • 体重:83kg
  • タイプ:右投げ・右打ち
  • 野球経歴:ちはら台ファイターズ(軟式)、小学校6年生時にマリーンズジュニア(軟式)、千葉市リトルシニア(硬式)、千葉英和高校、横浜DeNAベイスターズ2015年育成ドラフト1位指名。

千葉市リトルシニアの時に全国Vを達成。

その時のチームメートには、

現在慶応大学1年の郡司裕也選手がいます。

また、1学年下には、

藤平尚真投手(楽天2016年ドラフト1位指名)

もいます。

強豪校チームには素晴らしい選手が

集まっているのですね。

いずれは対戦するだろうライバルが身近にいて、

お互い切磋琢磨して成長してきている

のがなんだか妙な感じです。

スポンサーリンク

網谷選手の千葉英和高校時代140mホームラン

千葉英和高校の1年生時からレギュラー。

ただこの時は捕手ではありませんでした。

1年秋から捕手に転向しています。

肩の強さもさることながら、

網谷選手の魅力はなんといってもその長打力です。

3年春の大会で打ったホームランが

なんと140mホームラン

高校生の場合、ホームランを打ててもその飛距離が

140mも飛ぶ選手はなかなかいません。

長距離砲というイメージが網谷選手にピッタリです。

この試合で打った140m弾でさらにその長距離砲

というイメージをプロ野球スカウト陣に植え付けた

ことでしょう。

2年秋からは主将になりチームを牽引していきます。

ただ、チームはなかなか勝ち上がることができず、

3年夏の選手権千葉県大会では2回戦で敗退して

しまいました。

網谷選手の甲子園出場はありませんでした。

スポンサーリンク

網谷選手2015年ドラフト・契約情報

網谷選手は、横浜DeNAベイスターズより

育成1位で指名を受けます。

育成での指名だったので辞退するかもと言われ

ていましたが、契約をしました。

支度金300万円

年俸360万円

(金額は推定。)

この年のドラフトでは、今永昇太投手が1位指名。

投手中心の指名です。

高校生では霞ヶ浦高校の綾部翔投手に大阪桐蔭の

青柳昴樹外野手と育成で

九国大付高校の山本武白志内野手の指名がありました。

捕手は、戸柱恭孝選手です。

戸柱選手は現在1軍レギュラー。

横浜DeNAのスカウト陣は本当に良い選手を

見つけてきますよね。

網谷選手にかかる期待も相当高いことでしょう。

2016年の網谷選手の成績・初打席動画

育成選手としてプロ入りするのですが、

春季キャンプではすぐにラミレス監督から注目され、

1軍キャンプに呼ばれることになりました。

まわりの人たちもビックリだったに違いありません。

ラミレス監督は網谷選手の打力に目がひかれたそうです。

気になる選手なので側で見たいという意向からだったようです。

もしかしたら、育成での指名だったのですが、

ドラフト時点ですでにラミレス監督が注目していたの

かも知れませんね。

だから辞退せずにすんなり入団したのかも。

(勝手な想像ですが)

1軍キャンプに合流するも、左手有鉤骨骨折のケガに

より離脱してしまいます。

このケガの影響により復帰が夏になってしまいます。

せっかくのチャンス到来かと思った矢先のケガは、

今後どのような影響をもたらすのでしょうか?

このケガはきっと網谷選手を成長させる出来事に

なったと思いたいですよね。

さて、復帰後はファームの試合に出場しています。

2016年網谷選手のファーム成績

  • 試合数:19試合
  • 打 数:38打数
  • 安打数: 7安打
  • 打 点: 5打点
  • 打 率:.184

横浜DeNAベイスターズ公式サイトより引用

シーズンを通しての活躍を見てみたかったという感じですね。

2軍公式戦初打席・初安打(2016年8月7日)

筒香2世のアミちゃん

ラミちゃん(ラミレス監督)いち押しのアミちゃん

と言われるようになっているそうです。

筒香みたいになる素質の持ち主

とラミちゃんに言わしめたアミちゃんのハードスイング

網谷選手のポジションは捕手です。

捕手には同期入団の戸柱選手がルーキーシーズンで

いきなりレギュラー定着する逸材です。

この壁を超えるのは相当難しいはずです。

ラミレス監督は、網谷選手の打力を活かし出場機会を

増やすために秋季キャンプで三塁手の練習をするよう

に指示しています。

3割、30本、100打点も狙える選手だと

ラミレス監督は言います。

ラミレス監督にそこまで言わせるとは、

本当すごい選手が出てきました。

そして、秋季キャンプ終了後には

台湾ウインターリーグへの参加も決まりました。

網谷選手の台湾ウインターリーグでの活躍次第では、

来春1軍キャンプ抜擢も考えると言われています。

台湾ウインターリーグは注目です。

いよいよ支配下登録も近づいている感じですね。

網谷圭将選手・1軍キャンプ対外試合初ホームラン

育成選手ながら1軍キャンプに参加

している網谷選手。

キャンプ初の対外試合が2月13日(月)

対阪神戦が行われました。

3番ファーストスタメン出場しました。

1回表、網谷選手は早くもその能力を発揮したのです。

横山投手から140キロのストレートを

先制となるホームランをバックスクリーンへ打ちました。

ラミレス監督の期待に応えて

見事にホームランを打つなんて、

本当に魅せてくれる選手です。

この後のオープン戦で引き続き

活躍ができれば支配下登録につながります。

もしかしたら、開幕1軍もあるかも!?

と思ってしまうホームランでした。

あとは変化球への対応ですね。

本当に楽しみな選手です。

網谷選手の今後の活躍に期待しております。

網谷圭将選手、背番号100番。

ブログランキングに参加しています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA