松尾大河選手(横浜DeNA)はドラフト3位指名。守備の評価も高いイケメンな選手です。

秀岳館高校で活躍の走・攻・守の三拍子揃った松尾大河選手とは?

大阪府茨木市出身ながら、熊本県の秀岳館で活躍した松尾大河選手。

右打者の野手を求めていた横浜DeNAが期待を寄せる選手です。

U-18侍ジャパンVS侍ジャパン大学代表 壮行試合

対戦投手はあの柳裕也投手(明治大)から

松尾選手は見事にレフトへの2塁打を打ちます。

そして木製バットにももう対応しています。

ちなみに、柳投手は大学でも1位2位を争う素晴らしい投手で、

中日ドラフト1位指名選手です。

高校生と大学生の対戦はなかなか見ることができませんが、

壮行試合ということでこのような対戦が実現しました。

松尾大河選手は本当に楽しみな選手です。

スポンサーリンク

松尾大河選手のプロフィール

松尾大河選手(横浜)

野球日本代表侍ジャパン公式サイトより引用

松尾大河(まつおたいが)

  • 生年月日:1998年4月5日生まれ
  • 出身地:大阪府茨木市
  • 出身中学:三島中学校(大阪府茨木市)
  • 身長:174cm
  • 体重:75kg
  • タイプ:右投げ・右打ち
  • 野球経歴:小学生で軟式野球、オール枚方ボーイズ(硬式)、秀岳館高校(熊本県八代市)、横浜DeNAベイスターズ2016年ドラフト3位指名。

松尾選手・オール枚方ボーイズ時代

松尾選手が所属していたオール枚方ボーイズは、全国の中でも強豪チームとして知られて

います。

この強豪チームで全国優勝を5回も経験しているのです。

この全国優勝チームの実績は、その後高校野球につながっていくのもうなずけます。

遊撃手として活躍していた松尾大河選手は

その当時のオール枚方ボーイズの監督は、鍛冶舎巧さん。

鍛冶舎監督は、社会人野球のパナソニック野球部の監督でもあり、

オール枚方ボーイズと監督兼任だったのです。

兼任であってもオール枚方ボーイズを優勝に導いているとは凄い監督ですね。

それだけに選手からの信頼も厚く、松尾大河選手をプロ野球へとつなげていったのでしょう。

松尾選手・秀岳館高校野球部時代

鍛冶舎監督が秀岳館高校の野球部に就任するのと同時に、

オール枚方ボーイズの教え子たちの殆どが、秀岳館に進学します。

その中の一人が松尾大河選手です。そして九鬼隆平選手も同様に

熊本での高校生活をスタートします。

秀岳館高校は熊本県でも強豪校の一つですが、

鍛冶舎監督の元、松尾選手たちは甲子園を目指すことになったのです。

松尾選手は絶対に甲子園に出場するという確信を持っていたはずです。

確信がもてなければ、地元大阪をはじめとする甲子園常連校に進学していたことでしょう。

松尾選手は、入学してすぐの1年春の大会で2番ショートのレギュラーです。

強豪校の秀岳館で春からレギュラーとはやっぱり凄い選手ですね。

打撃は好調だったようです。

1年生と2年生の時は甲子園出場がありませんでしたが、

2年秋に秋季熊本県大会で優勝秋季九州大会も優勝して3年春の選抜大会への出場

を確定させます。

春の選抜大会での初戦は高橋昂也投手率いる花咲徳栄高校から始まり、

準決勝で敗退しベスト4という結果でした。

春に続いて夏の選手権大会も連続出場をして、準決勝で北海高校に敗れてベスト4

という結果です。

オール枚方ボーイズで全国制覇をしてきた松尾選手にとって、

やはり優勝できなかったことは相当に悔しい思いだったことでしょう。

それにしても春夏連続出場し、連続でベスト4という成績は秀岳館高校って本当に

強いチームですね。

スポンサーリンク

松尾選手・U-18侍ジャパン

プロ野球注目選手が集まるU-18侍ジャパンに松尾選手は選出されます。

そして2016年アジア選手権での優勝に貢献する活躍を見せてくれた松尾大河選手。

木製バットにも対応して大会で首位打者になりました。

アジアでの首位打者ですからとんでもなくポテンシャルの高い選手です。

きっとプロ野球投手が投げる球にもすぐに対応してくることが予想されます。

松尾選手・2016年ドラフト会議

2016年10月20日ドラフト会議で、松尾大河選手は横浜DeNAベイスターズ

より3位指名を受けます。

松尾大河選手の契約内容

  • 契約金:5000万円
  • 年 俸: 600万円
  • 背番号:23番

(金額は推定)

松尾大河選手(横浜)2

若い背番号で球団からの期待の高さを感じられますね。

松尾選手はカラダも鍛えられているように見えますし、

守備も打撃も良いので、プロ野球でどんどん成長することでしょう。

来シーズンは高卒ルーキーでありながら1軍登録も早いかも知れません。

しかも、50m5秒9という俊足です。

入団時の抱負も将来はトリプルスリーを達成したいと言っていましたので、

今からとても楽しみな選手です。

秀岳館高校のチームメートの九鬼隆平選手も福岡ソフトバンクホークスからドラフト3位

指名されています。リーグこそ違いますが、いずれ直接対決する日も来るでしょう。

ずっと一緒にプレーしてきた仲間だけに、プロ野球でも切磋琢磨して活躍してほしいですね。

松尾大河選手の今後の活躍を期待しております。

松尾大河選手、背番号23番。

ブログランキングに参加しています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA